FC2ブログ
11 | 2011/12 | 01
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ミユキ

Author:ミユキ
裏の管理人:ヒーロ
登場人物:キョウ
登場動物:くーが♂&ふう♀
(ウェルシュコーギー・ペンブローク:2001.4.10生)


毎日ドタバタやってます(^^;)
管理人の記録も兼ねた日記ブログですが
よかったら覗いてみてください。

画像はクリックしたら大きいものが表示されます。
カーソルをあててもらったら変なコメントが出ます(笑)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

3連休放浪記2011.9.17~19(第一章 黒部ダム編)

2011.12.06 12:50|放浪記
ずっとたまり続けるお出かけレポ。
頑張ってアップして行きたいと思ってます。どうぞお付き合い願います。

9月の3連休第一弾。9月17日~19日。
ここにもずっと行ってみたいと言い続けていたヒーロさん。上高地に続きましてまたまた願いが叶いました(笑)
今回は『立山黒部アルペンルート』です。


 さるぼぼ 恵那峡SA
前夜出発で立ち寄った『恵那峡SA』ここでヒーロは・・・(笑)


まだですか~?
ヒーロのトイレ待ちの2頭です。
この後、ヒーロ氏は何故か赤い女子マークの所から出てきました。

「あ~ビックリした。」って言いながら。

こっちがビックリするわっ!なんで女子トイレから出て来るん。。。

お腹痛かったのはわかるけどさ。
よかったね夜中で。
誰もいなくて(笑)


太る・・・太る・・・
腹痛が治ったとたん「限定品」に弱いヒーロは真夜中にこれを食べました。あ~。。。身になるのに。



雨の扇沢 どこまでいく?
途中、車中で仮眠しながら早朝に『扇沢』へ到着。天候は雨。。。 でもここまで来たからには目的を果たさねば。


 一枚いっとこ ホントに電気だ
「扇沢」~「黒部ダム」まで関西電力のトロリーバスで長いトンネルを走りました。
途中、有名な「黒部の太陽」の舞台になっている「破砕帯」のガイドと、「立山連峰の赤岳の頂上の真下」のガイドを聞きながら、それぞれの下を通過。ちょっと感動して、映画を見てみたくなったのでした。
それにしてもこのバスは本当に電気で走ってるのね。直線ですんごい加速するんですけど。ちょっと恐かった(笑) 



ずっとトンネルだった さぶっ
「黒部ダム」駅に到着。寒いとは思ったけど、温度計を見たら余計に寒くなる。。。
私、完全に夏の服装・・・あぁ~失敗した。と、お京さんの上着を拝借。



運動しますよ 知らんかった
近道したいところをグッと我慢(笑)頑張って階段上がりました。 
何も知らずに来たので、40周年だったんだ・・・へえぇ~。って声をそろえた3人。



先は長いわ がんばりましょう
220段か・・・立木観音よりは少ないよね。と自分を励ましてみる(笑)
キョウさん、いきなりそれではダメです。。。


中間ですわ ペットボトル忘れた
中間地点です。ここでは湧水をいただけます。ペットボトル持って来ればよかったな。
ご披露できませんが、キョウさんは看板のダムダムくんの顔真似をしています。前歯ニョッキリ。


あと100!
さて、あと100段。がんばろ!


着いたわ~
着いた♪ なんだ、思ったより楽だったよね~。・・・なんて言ったかどうか。。。


高い・・・怖い。 ドドドドッて音
高くていい眺め~♪って言いたいところですが、私はムリ高すぎる。ヒーロとキョウは楽しそうでしたけどね。



展望台休憩所 お約束ですかね
無事にダムまで降りてきて休憩しました。 『黒部ダムカレー』で腹ごしらえ。ダムをイメージしてるので湖部分が緑色のカレーです。結構辛かったと思うけど、ヒーロは「ぜんぜん」だって。


 
慰霊碑 ちょうど真ん中?
工事中に亡くなった方達の慰霊碑。 ここまで来たら東京のほうが近いんだって、ちょっとビックリ。




ダムの中心 反対側は静か
ダムを渡って行きました。ちょうど真ん中で記念撮影。
ここから下を覗くとすごい水しぶきですが、反対側の湖はとてもおだやか。すごい対照的。



黒部湖駅 ケーブルカー
次を目指してケーブルカーに乗ります。日本で唯一、地下を走るケーブルカーだそうです。


黒部平。さむっ
「黒部平に」到着。だんだん寒くなるぅぅぅ・・・



次はロープウェイ 柱なしで日本一
次はロープウェイ。
「ワンスパン方式で日本一長いロープウェイ!間に支柱が一本もないので絶景を楽しめます。」
~オフィシャルガイドより引用~


だそうで、


黒部湖が小さい 大観峰。さむさむっ
確かに恐かった(笑) あ、すごい景色でしたけどね。 あっという間に「大観峰」に到着。



展望台。山が近い 野口五郎岳???
目の前には北アルプス。  野口五郎岳・・・ふ~ん???



またトロリーバス 室堂です
またトロリーバスに乗ります。これで立山山頂の下をくぐり抜けて「室堂」へ。



標高が・・・そりゃ寒いわ
寒いよ~さむいよ~。こんな山の上まで来るなんて聞いてないよ~。



郵便局みっけ♪ 敬老の日だしね
「立山山頂郵便局」 キョウさんはジジとババに木のハガキでお手紙書きました。



キレイです 日本で一番高い所のホテル
こんな標高の高い山頂付近へあまり来ることがないので、私にとってなんだかこの景色は不思議というか神秘的でした。自然ってスゲエ~~って感じで(笑)
こんな場所で泊まったら夜ってどんな感じかな?真っ暗なんだろな。動物出てくるかな?夜景が見えたりするのかな?ってお馬鹿な思考回路炸裂。




案内板
さて、こんな適当すぎる軽装でどこ行きますかね?(笑)
周りの人はすごい登山装備ですが。。。


キャンプ場や温泉。 みくりが池
これもヒーロの野望のひとつ。登山キャンプっていうんでしょか?
その時が来たら私には出来る限り小さい荷物を背負わせておくれぇ。



行きはよいよい帰りは・・・
「地獄谷」すごくそそられるネーミングですけど、これを下りて登ってくるの?ムリムリ~。




こんなこと書かれたら。。。 来てしまった
ネーミング+この看板。誰かさんが行かないわけがない(涙)    はい到着。



ガスで喉が痛い 温泉入りたい 
本当にガスがすごくて、喉が痛いわ 鼻は痛いわ。
でも、ついつい行ってしまう(笑) 好奇心旺盛♪



心臓みたい。
この茶色の部分が心臓みたいにドクドク動いてて気持ち悪かった。
お湯が飛ばないように布で覆ってるみたいでした。



次回は装備バッチリでね
次に来るときはヒーロの野望が叶うかな?そうなるといいね(笑)



再び大観峰 こちら側は天気
スタート地の「扇沢」目指して、来た道のりを戻ります。
「扇沢」以外は雨が降っておらず、しかも晴れ間も見えたりしてるので
駐車場で留守番している2頭が心配になって・・・晴れたら車内温度が一気に上がる~。。。



ミユキじゃねぇよ 普通のお饅頭
そんな心配をしつつも、薄情なヒーロとキョウはこの看板を見てほぼ同時に「ミユキ(お母さん)や!」と指差して大笑い。
私じゃねぇ~よ!(怒)
と怒りながら気になっていた『雷鳥のたまご』をムシャムシャ。



ただいま やっぱり雨
「扇沢」へ到着。こちら側はずっと雨が降っていたみたいです。よかった♪



ランチはおそば
お腹がすいたのでお蕎麦やさんを探し、入ってみました。




ミユキ ヒーロ キョウ
「ざる」「スペシャル」「とろろ」
それぞれ美味しくいただきました。




さて、目的は果たしたし次はどこ行く?


と、私がうたた寝している間に大移動してました。



ここはどこ?
冗談じゃなかったみたいです。




つづく































スポンサーサイト